密閉型でオネガイシマス。

密閉型ヘッドホンとモバイルグッズに囲まれる日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MDR-Z900

Z900

MDR-Z900
http://www.ecat.sony.co.jp/avacc/headphone/acc/index.cfm?PD=827

 私のリファレンスだったヘッドホン。92年発売の06年廃盤。実に14年間もSONYの民生用フラッグシップモニターの座にあった。今では中古以外では入手不可能なものの、エージングの長いヘッドホンなだけに状態さえ良ければむしろ中古の方が良いと思う。イヤパッドは現在でも入手可能、サウンドハウスで片耳1200円である。以下10点満点で採点。

【購入価格・時期・製造国】
 16800円。2002年頃、Made in Japan。

【外観】5点
 ぱっと見にはいかにもモニタリングヘッドホンな感じ。実はシャンパンシルバーのハウジングカバーと、ヘッド・イヤパッド共に茶色というかなりアレなデザイン。レトロというか、何というか…。部屋以外では使いたくない。まあ、私は嫌いでないのだが。

【装着感】8点 
 非常に良好。眼鏡をかけたままでもほとんど違和感がない。側圧は弱めで、使っている内にさらに弱めになっていく。5年使ったわたしのものは、かなりずれやすくなっている。耳をイヤパッドの中に閉じこめるタイプなので耳たぶにかける負担も少ないが、夏場は蒸れやすい。300gとやや重く、首がこる。

【使い勝手】8点
 プラグは3.5mmミニプラグで、標準プラグ変換コネクタが付属する。CD900STのようにプラグをひねったら簡単に分解出来るような構造ではない。変換コネクタはネジコミ式で外れにくいもの。コードはコンシールド片出しのカールコードで、取り回しは良いものの強い癖が一度つくと取れない。これはカールコード全般に言える。折り畳み可能。

【耐久性】6点
 モニター・DJ用として本来ある程度ラフに扱われることを前提としたヘッドホンとしては良くない。パッドのフェイクレザーが比較的破れやすいのをはじめ、プラグ付け根部のシールドゴムが裂けやすい。また、ハウジングカバー固定がネジ1本でされているため、ぐらつきやすい。もっとも、音質的な変化という意味での耐久性は高い。

【音のバランス】5点
 鬼のような低域。中高域のバランスは取れている。しかし、低域が強すぎるため中域が埋もれ、バスブースト・ドンシャリヘッドホンになっている。低域が強いと騒音を防ぐという意味では良いのだが(ゆえにDJ用としてはアリだと思う)スタジオモニターとしては完全に失格である。

【音場の広さ・こもり・音の定位】7点
 別に音場が狭いと悪いというのではないが(むしろモニタ用としては狭い方が聴き分けやすい)、ある程度音場は広い方が疲れにくく自然である。また、音の定位がふらつくようなヘッドホンは聴いていて気持ち悪くなることがある。Z900の音場は縦には狭いが、横方向には十分な広さがある。密閉型で低音が強いためこもりがひどい。定位は脳内定位で、ある程度固定されている。

【分解能・明瞭さ】7点
 分解能自体は悪くない。しかし、低域の強さのためにかなりこもった音になっている。高域は細かいところまでが綺麗に出るが、中低域が比較的温かい音であるのに対してやや冷たい音であるようだ。

【音の鮮やかさ・ボーカルの艶っぽさ】8点
 ギター・ブラスなどの高音が非常に鮮やか。ボーカルもなかなか艶があっていい感じ。中域はイコライザで低域を絞ればなかなかに鮮やかになる。

【音漏れ防止・外音遮断】9点
 これ以上の音漏れ防止・外音遮断を求めるなら、カナル型の密閉イヤホンしかない。非常に優秀。低域の強さがこの項目に関してはプラスに働いている。

【総合評価・コメント】8点
 個性は強いが手放せないヘッドホン。強烈なバスブーストが好きな人ならジャストミートだろう。私が常用していたときは、イコライザで低域と高域をややカットして使っていた。独特のコモリ感など「ライブハウスで聴くロック」によく合うヘッドホンだ。間違ってもクラシックなんて聴いてはいけない。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/29(月) 04:04:03|
  2. ヘッドホンレビュー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<MDR-CD900ST | ホーム | とりあえずな現在の環境>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://thinkaudio.blog90.fc2.com/tb.php/2-a45e3930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヘッドフォンヘッドフォン、ヘッドホン(''headphones'')とは、再生装置や受信機から出力された電気信号を、耳に接近したスピーカーを用いて音波(可聴音)に変換する装置である。ステレオホンとも呼ばれる。通常、コネクタ|ジャックとプラグを用いて機器と分離できるように
  1. 2007/10/11(木) 15:31:33 |
  2. 音響・カラオケ関連ワード

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/09/26(水) 00:44:57 |

プロフィール

autobahn

Author:autobahn
 趣味はヘッドホンとピアノ弾き(デジピでちまちまと)。主に聴いてるのは'60'70'80の英米ロックがメインで、あとはユーロビートからJPOPまで。クラシックはオペラとかピアノ系は聴くけど、オケはあまり聴かない。ジャズは…ほぼ全く聴かない。

 聞き比べる環境は、ThinkPad X24(バッテリー駆動・WAVE音源・Lilith)+Indigo DJ(ASIO・PureWAVE・44.1KHz固定・Sync)+HP4(PreSonus)。浸るときはHA-1Aに真空管をとっかえひっかえ。最近はスピーカー(iQ3)で聞くことのほうが多い。詳しくは「ヘッドホンテスト環境」のエントリを参照。

 個人的な音の好みとしては、モニター系の芯のあって解像度が高い音が好き。どうも開放型は苦手で、イヤホン以外では常用することが出来ない。…音漏れが気になる典型的日本人なのかもしれない。
 それ以外では、左右の音圧差に対して非常に神経質で、わずかな左右差でも気になり、常にピークメーターを表示している。その昔は1曲ごとにミキサーで各chの音量を調節していた。

(写真は信州松本城の猫・まだ元気だろうか)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。